神山ポケモンサークル広報部

京都産業、立命館、同志社ポケサー交流会レポート

【三校交流会レポ】
こんにちは、かめQです。

3月7日に同志社ポケモン同好会さんと立命館大学PTPさんと神山ポケサーで交流会を行いました。

10時から自己紹介が始まりましたが、まぁこれが酷かったですね。
神山ポケサー、

スベりにスベりました。

まさに、事故紹介。あまりにもあれだったので2周目というチャンスをいただきましたが、もう少し考えてくるべきだと感じました。
sketch-1458134330645.jpg
※一方大爆笑だったのが立命館大学PTPの俺参上さん(画質が荒くて申し訳ないです)

昼食後、お互い手持ち1匹だけのマルチバトル、マルチ1on1を総当たりで行いました。ポケモンを決めてからペア決めだったので少し運も絡んだバトルになりましたが、かなり面白かったです。
私は威嚇を撒けてメガ進化できるメガギャラドスを使いました。メガボーマンダ使えって話ですね。Sの足りなさと火力不足、耐性の悪さが足を引っ張りましたが、怯みを3回引き、破壊光線を避けるという意識の高さで勝利を掴みました。
優勝は、メガサーナイトとメガルカリオを使った、ほーくんさんとハオさんペアでした。

次にチーム対抗戦のクイズ、絵しりとり、伝絵ゲーム、特別企画をしました。

クイズはなかなか難しく、運営の予想点数をはるかに下回る結果となりました。『サトシの捕まえたポケモンで3番目に多いタイプは?』という問題で運営の某マッシュがムクホークをノーマル・格闘でカウントするという凡ミスをしていました。
某マッシュ曰く「あいつノーマル技とか打つの?」

絵しりとりは制限時間内にどれだけしりとりを続けられるかというものでした。画伯がいた班は解読に時間がかかり数が伸びなかったところもありましたが、特徴のみを捉えて数を伸ばしたところも…。伝われば正義。

伝絵ゲームは伝言ゲームのイラストバージョンです。ここも画伯が本領を発揮していました。サーナイトがチルタリスになったがハイライト。

特別企画はお察しの通りモノマネコンテストでした。恥を捨てて挑んだ人や嫌々した人までそれぞれ個性がありました。(私はもうしたくないです)

チーム対抗戦の優勝は2班と4班でした。

その後、二次会で焼肉に行き解散となりました。

とても楽しい時間でした。また機会があれば積極的に参加していきたいと思います。ありがとうございました!

* Category : 活動報告

* Comment : (0) * Trackback : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する